商品紹介若草園の取り扱い茶葉です

若草園の商品紹介

美味しい土佐茶(煎茶)のいれ方

煎茶

「お茶を入れたけど渋みが強くなってしまった。」

「お店で飲んだお茶の味と違う。」

このような経験は誰もがお持ちかもしれませんね。

これは渋みに関係している「タンニン」という成分が熱いお湯と相性がよく、時間がたつごとに溶け出しているからなんです。

煎茶の種類によって多少変わってきますが、美味しい煎茶の入れ方を紹介いたします。

 

煎茶の入れ方(ホット)

美味しく煎れるために大切なのはお湯の温度急須にとどめる時間

煎茶は80℃のお湯でゆっくりと出すのが基本です。

これさえ覚えれば常に美味しい煎茶を煎れることが出来ますよ。

 

準備するもの

  • 急須
  • カップ(人数分)
  • 沸騰させたお湯
  • 茶葉
  • ティースプーン

 

①沸騰させたお湯を湯呑みに移す。

沸騰したお湯を一度湯呑みに入れるといい理由は、

  • 湯呑みを温める
  • 人数分のお湯の量を計る
  • お湯の温度を下げる

という利点があります。

特にお湯の温度を下げるというのが重要。

一度湯呑みにお湯を移してから茶葉の入った急須に移すことで、お湯の温度が煎茶に最適な温度(80℃)になります。

温度の高すぎるお湯でお茶を出してしまうと、渋み成分である「タンニン」が大量に出てしまうので渋みの強いお茶になってしまいます。

お湯を80℃前後にするためにも沸騰したお湯は一度湯呑みに移しましょう。

 

②急須に茶葉を入れる

茶葉の量は煎茶ならティースプーン1杯が約3g。これが一人分の目安となります。

2人以上の場合は1.5倍の量、3人の場合だとティースプーン2杯弱ほどで充分な味が出ます。

 

④お湯を茶葉の入った急須に入れて待つ

カップに注いだお湯を全て急須に入れて蓋をします。

このときの注意点は2つ。

  • 蓋の空気穴は注ぎ口に来るようにすること。
  • 急須には触らないこと。

空気穴を注ぎ口に向けるのは、お茶を注ぐときの対流を良くして、お茶が注ぎやすくなります。

また、煎茶は手もみによって、ヨリがかかっています。

お湯の中でヨリが静かに解けている間に急須を揺らしたりすると、お茶が濁ったり、雑味が出てしまいます。

急須には触らず、揺らさず、そっと待ちましょう。

 

⑤抽出時間について

乾燥した茶葉が開き、お茶が抽出されるのを待つために急須でしばらく待ちます。

抽出する時間は、茶葉によって違います。

茶葉によっては1分〜2分程度置くものもありますが、当店の土佐茶の場合は30〜40秒で美味しく出ます。

 

⑥お茶を茶碗に注いだら完成

2杯以上同時に入れる場合は、少しずつを交互に入れると濃さと味が均一になって同じ味わいを楽しむことが出来ます。

最後の一滴にはお茶の旨み成分が込められているので、急須からお茶を注ぐときは、最後の一滴まで注ぎ切るようにしましょう。

また、水分を急須の中に残してしまうと、ずっと茶葉が開いてしまいます。

なので2煎目以降のお茶を美味しくいただくためにも、急須にお湯を残さない。これがポイントです。

2煎目以降の入れ方

2煎目〜3煎目は、茶葉が開いた状態ですのでお湯を急須に入れてすぐに注ぎます。

このときのお湯も温度を下げたほうが美味しくいただけます。

 

水出し煎茶の入れ方

暑い夏にもピッタリの水出し煎茶。

水出し煎茶は低い温度でゆっくり出すため、渋みが少なくなります。

茶葉と常温のお水をボトルに入れてから、冷蔵庫で冷やすだけで簡単に水出し煎茶が作れます。

茶葉の量は800ml〜1000mlのお水に対して15g程度が目安です。

常温のお水を注いで冷蔵庫に入れると、お水が冷えると同時に水出し煎茶が出来上がります。

水出し煎茶を1日以上置く場合は、茶葉をこしてから冷蔵庫へ保管しましょう。

RELATED

関連記事

PAGE TOP